大学無償化法に対する学生の意見

先日(2019年5月10日),大学無償化法が成立し,
2020年4月から低所得世帯を対象に,大学の授業料が無償化されることが決定しました.

これについて,学生の視点からコメントしたいと思います.

あくまでも一学生の意見であり,どうということでもありません.
ちょっと思ったことを書き残そうと思っただけです.

 

授業料無償化とは

 

主に無償化されるものは,入学金と授業料だと思ってもらえれば大丈夫です.

それに加えて,給付型奨学金(返済不要の奨学金)が付与される予定です.

額に関しては,こちらを参照.
文部科学省が公開している資料

以下重要な箇所だけ引用します.

(文部科学省が公開している資料より引用)
授業料減免は,上図のような額で,

(文部科学省が公開している資料より引用)
奨学金給付は上図のような額になっています.

大学だけでなく,短大や高専も含んでいるようです.
問題なのは,受給対象世帯だと思っています.

 

低所得世帯とはどのような家庭を指すのか

 

これが一番重要なポイントだと思います.

なぜなら,これに該当しない人は無償化のメリットを得られないわけですから.
※下記資料も合わせて確認しながら読み進めてもらえるとわかりやすいと思います.
文部科学省が公開している資料

リンクより重要な箇所だけ引用します.
対象世帯は,以下の条件を満たすものとされています.
380万円を下回ることが条件ですが,
家庭環境によっても異なってくるようです.

(文部科学省が公開している資料より引用)
また,次のようにも規定されています.

(文部科学省が公開している資料より引用)

何んと,高等教育無償化の措置を受けた人は大学無償化を受けられない.

しかも,高校卒業後,2年の間に進学しなくてはならない.

どうなんでしょうか.
高等教育無償化を受けていた人は,よほど余裕がない世帯ではないでしょうか.
それらの人が対象から外れているのは,ちょっと考えものです.
全員に機会を平等に…とか言う無理な考えはやめてほしいものです.

本当に辛いのは,高校卒業後2年の間に進学しなくてはならないということです.
学生になりたい人たちはたくさんいます.
やっとこさアルバイトをしてお金を貯めた人だっているでしょう.
罪を犯しても,しっかりと更生して学びたいと思っている人もいるでしょう.

そんな人たちに機会を提供できていないのは本当に残念です.

※自分が同様の境遇にいるので,若干言い過ぎている点があればごめんなさい.

 

学生の意見

 

学生としての意見を言いたいと思います.

はっきりいうと,企業と同じように,

大学生にも給与が支払われるような環境づくりをしてほしい

これに尽きます.

※一般的なアルバイトではなく,専門性の高い仕事をさせる代わりに
 給与をあげてほしいということです.

研究というものは,人類の役に立つものであるはずです.
どんな研究であってもそうです.

文系は役に立たないと言われることもありますが,過去から様々なものを学んだり,
物事の真理を探究するようなことは社会を考える上で必要不可欠です.

現状,工学のようなまさに人の役に立つことを目的としている分野の学生でさえ,
お金の問題を抱えています.

ごく少数ですが,日本でも十分に学生が生活できる環境や給与を与えている研究室もあるようですが,大部分はそうではありません.

学生は遊んでいるわけではありません.
(もちろん,本当に遊んでいる学生が多いことも事実ですが…)
勉強して,研究して,社会人よりも熱心に学問に取り組んでいます.

学生により良い環境作りができるよう,もう一度考えてほしいものです.

この問題は引き続き議論して,より良い方向に進んでいくことを望んでいます.

ちょっと気になった海外事情などは,今後調べて記事にまとめたいと思います.
今日のところは,これにて.

コメントを残す